いまさら聞けないトレハロースの効果について「肌への毒性は?」

成分解析
Pocket

みなさん、こんにちは。

ふとした瞬間に、日頃使っているコスメやスキンケアアイテムの成分が気になることはありませんか?今回は、よく耳にする「トレハロース」を中心に特徴や気になる毒性についてご紹介します。

トレハロースとは

自然界に存在している希少糖の一つです。キノコ類を始め、植物や微生物の細胞に含まれています。砂糖と比べると甘味度が低く、スッキリとした甘さが特徴。

甘さを抑えたお菓子やパン、飲み物を作りたいときに使用していることが多く、甘さ控えめのシュガースティックを見てみると主成分となっていることも。

名前の通り、植物などの天然成分からはなかなか摂取できない希少糖で、とても高価な商品でした。しかし、近年はデンプンから大量生産できる技術が発見され、さまざまな用途に使われています。

化粧品に使われることがある

トレハロースは化粧水や保湿液などのスキンケアアイテムやボディケア、ヘアケアアイテムに使われることもあります。それは、高い保水力を持っているから。

代表的な例で言うと、干し椎茸が水に漬けるだけでもとの状態に戻るのは、トレハロースが含まれているからなんです。乾燥していたものを短時間で潤いで満たせる力を持っています。

また、動植物や微生物の中では、細胞を守り乾燥から守る働きをしています。これをスキンケアアイテムに活用することで、細胞を保護しつつ乾燥しがちな皮膚の水分保持力を維持することが期待できますよ。

他にも、タンパク質と水素結合する作用も持っているところが特徴。ご存知の通り、タンパク質は肌や髪の毛に欠かせない栄養素。人間の体の20%がタンパク質でできていると言われるほどです。

タンパク質が不足するとコラーゲンの生成に異常をきたし、肌のツヤやハリが失われてしまうこともあります。

タンパク質がしっかりと補充されている状態を保つことは、健やかな肌や髪の毛にや大切なポイントです。

グリコシルトレハロースとトレハロースの違いは?

同じくよく耳にする美容成分「グリコシルトレハロース」。「両者はどう違うのか」気になる人も多いはず。グリコシルトレハロースは、トレハロースに数個のグルコースが結合している多糖類です。

構造上に違いはありますが、どちらも糖質であるため性質などには大きな差はありません。

グリコシルトレハロースの特徴

グリコシルトレハロースにも、同様に水分保持力が高いという特徴があります。そのため、スキンケアやボディケア、ヘアケアなどさまざまなアイテムに取り入れられています。

スキンケアとして使う場合は、乾燥によるくすみや肌荒れの緩和が期待できるところが大きな魅力。ヘアケアに使われている場合は、まとまりやすい髪の毛に導いてくれたりパサつきを抑えてくれたりする効果も。

また、細胞の表面に被膜を作って保護する作用もあるため紫外線から肌を守る効果が期待でき、日焼け止めスキンケアアイテムにも使われている成分です。

「加水分解水添デンプン」も同時に取り入れると保湿効果アップ

「加水分解水添デンプン」は、グリコシルトレハロースを生成させる段階で抽出されるデンプンです。そのため、共に含まれていることが多く、一緒に取り入れることでより高い保湿力を実現します。

また、適度な粘着力があるので、有効成分が肌にフィットし浸透しやすくなるところも嬉しいポイント。デンプンから作られているので肌に優しく、ベビー用のスキンケアアイテムに使われるほど安全性が高い成分でもあるんです。

スキンケアアイテムを選ぶときには、ぜひ加水分解水添デンプンが入っているかどうかも確認してみてくださいね。

トレハロースの毒性は?

水分保持力が高く、乾燥肌や敏感肌の人にとってはとても魅力的な成分ですがスキンケアアイテムとして取り入れようとすると、気になるのが安全性です。

どちらの成分も、トウモロコシやジャガイモなどのデンプンを原材料としている場合がほとんど。口に入れることができる天然由来成分なので、安心して使用できます。ベビー用のスキンケアアイテムにも使用されている成分なので、その安全性の高さが伺えますよね。

また、「化粧品毒性判定事典」でも「毒性なし」と表記されている他、厚生労働省も食品添加物として認定しているので、安全性が高いと言えるでしょう。

ただし、原材料までさかのぼるとジャガイモやトウモロコシの品質や生産方法によっては、品質の低下を招く恐れはあります。より肌を労わるなら、原材料にまでこだわったスキンケアアイテムを選んでみてくださいね。

トレハロース配合のスキンケアが向いている人は?

最後に、トレハロース配合のスキンケアアイテムが向いている人をまとめてみました。

①乾燥が気になる人

水分保持力が高いため、乾燥が気になる人や乾燥による肌荒れやくすみを緩和したい人におすすめです。

②ハリを取り戻したい人

トレハロースはタンパク質と水素結合する作用があるため、コラーゲンの生成をサポートし、肌のハリや弾力をアップしてくれる効果が期待できます。

③紫外線対策をしたい人

細胞の表面に被膜を作り外部の刺激からブロックしてくれるので、紫外線対策をしたい人や刺激に敏感な肌にもおすすめです。

まとめ

今回は、気になる美容成分「トレハロース」について細かくご紹介しました。水分保持力が高く、スキンケアからボディケア、ヘアケアまで使われている美容成分。

主成分がデンプンなので安全性が高く、安心して使えるところも嬉しいポイントですよね。MAX COSMETICも、みなさんの肌に寄り添う製品を作りたいと思っています。引き続きよろしくお願いいたします!

 

原宿一人経営美容師MAX戸来

13,182 views

株式会社マクスタート/代表取締役社長 戸来正博 岩手の美容専門学校卒業後20歳原宿の美容院に務め→21歳退社後フリーランスのスタイリストデビュー→22歳美容...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

SUKOちゃんねる