コンシーラーでニキビが悪化してしまう原因と対策について

コンシーラーでニキビが悪化してしまう原因と対策について
スキンケア
Pocket

こんにちは、MAXコスメティックのsayukiです。

ニキビでお悩みの方は、男女問わず多いのではないでしょうか。

やっぱり気になりますし、少しでも早く治したいですよね。

またちょっとでも目立たなくするために、コンシーラーを活用している方も少なくないと思います。ですが「お肌の状態が悪いときにカバー力の高いコスメを使用すると悪化しそう……」と心配になってしまいますよね。

そこで今回は、ニキビができてしまう原因や、隠したいときにカバー力の高いコンシーラーを使っても良いのかどうかなどについて、詳しく解説していきます。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

そもそもニキビができてしまう原因とは?

まずは「ニキビができてしまう主な原因」について、簡単に解説していきます。

 

原因①生活習慣の乱れや体調不良

生活習慣の乱れやストレス、体調不良は肌荒れの原因です。

体調を崩したときにお肌が荒れてしまったり、揚げ物を継続的に食べていたらブツブツができてしまったり……という経験をしたことがある方は少なくないのではないでしょうか。

生活習慣の乱れが原因の場合は、睡眠をたっぷりとるようにしたり食生活を改善したりすると、ニキビや肌荒れも少しずつ良くなってくるはずですよ。スキンケアを変えるよりも、生活習慣を整えることを優先してみてください。

 

原因②皮脂の過剰な分泌

皮脂の過剰な分泌によっても、ニキビができてしまいます。10代のときにできる思春期ニキビは、このタイプに該当すると考えられています。

過剰に分泌した皮脂が毛穴に詰まりアクネ菌が増えると、炎症を起こしてニキビになるんです。

 

皮脂の過剰な分泌の原因としては、ホルモンバランスの乱れや間違ったスキンケアなどが考えられます。

皮脂が過剰に分泌したりお肌がべたついてしまう原因については、他の記事で詳しく解説しているので、ぜひ併せて読んでみてください。

 

参照:顔が油っぽい&ベタベタする原因と対策方法とは?

参照:「顔のテカリがひどい!」男女におすすめの改善方法&対処方法

 

ニキビをメイクでしっかりとカバーしても良い?

お肌の調子が悪いときには、お肌の刺激になるコスメは使わない方が良いです!

とはいっても、どうしてもメイクをする必要があるシーンなどもありますよね。

そんなときは、できるだけ刺激にならない成分で作られているコスメを使ってメイクをしましょう。

具体的には、染料や顔料、香料、パラベン、アルコール、酸化亜鉛、紫外線吸収剤などは配合されていないものが望ましいです!

刺激が少ないコスメアイテムは、敏感肌用として販売されているものも多いですね。

購入前に一度コスメの成分表示をチェックしてみると良いですよ。成分表示はコスメのパッケージなどに記載されています。

 

コスメの中でも特に化粧下地・ファンデーション・コンシーラー・フェイスパウダーといったベース系アイテムは、ニキビが悪化しないように低刺激なタイプのものを選ぶことをおすすめします。

ニキビができているときはどうしてもカバー力が高いアイテムを使いたくなってしまうかもしれません。ですがハイカバーのコスメは(商品にもよりますが)お肌の負担になります。

なので「イベントだからしっかり盛れるメイクがしたい」や「写真を撮るからお肌をしっかりカバーしたい」というとき以外は、避けた方が良いですよ。それに最近は低刺激のコスメでも、きれいに仕上げられるものはたくさんあります。

 

ちなみに、ニキビができている箇所には、ファンデーションなどはあまりたくさん塗らない方が良いです。厚塗りしてしまうと不自然な感じに見えてしまいますし、崩れやすくもなります。さらにお肌にも良くないです。

ファンデーションは厚塗りにせずあえて軽く塗って、コンシーラーでポイント的にカバーした方が、負担が少ない上にきれいに隠せるので、ぜひ試してみてください。

 

コンシーラーでニキビをカバーするおすすめ方法

コンシーラーでニキビをカバーする方法を、より詳しく解説していきます。

まずコンシーラーのタイプですが、立体的なものを隠したいときには、テクスチャがしっかりしているタイプのものがおすすめ。練りタイプやスティックタイプのものが向いていますよ。

反対にさらっとしたテクスチャのリキッドタイプなどは、ニキビを隠すのにはあまり向いていません。ちなみにリキッドタイプのコンシーラーは、クマやくすみなどを自然にカバーしたいときに使うのがおすすめです。コンシーラーもタイプや商品によって得意不得意がありますので、カバーしたい部分に合わせて使い分けると良いですよ!

 

カバーするときには、まずコンシーラーを少量、ブラシに取ります。ちなみにコンシーラーは指で塗る派の方もいるかもしれませんが、ニキビは炎症を起こしているため、指で塗布するよりも清潔なブラシを使った方が良いですよ。コンシーラー用のブラシは、ドラッグストアやバラエティショップで買えるリーズナブルなものでOKです。

コンシーラーを適量ブラシに取ったら、ちょんちょんとピンポイントで塗布します。そしてニキビの周囲を軽くぼかして馴染ませてください。

このとき大切なのが、コンシーラーをぼかしすぎないことです。ぼかしすぎてしまうと、上手く隠れなくなってしまいます。

最後にコンシーラーを塗布した部分に、フェイスパウダーをポンポンと軽くはたきます。こうすることで、より自然な仕上がりになるんですよ。また化粧崩れも予防してくれます。

 

ニキビ用コンシーラーの選び方

ニキビをカバーするのに使用するコンシーラーは、先に書いたように、刺激になりにくいものが望ましいです。

無添加処方のものなど、できるだけシンプルな成分で作られている商品を選ぶようにしてみてください。

また肌質は個人差があるので、相性の良いコスメなども人によって異なります。使用感の好みなども、人によって違いますよね。

なので自分に合ったアイテムを見つけるために、色々なものを試してみることも大切ですよ。

 

またコンシーラーを選ぶときには「色」も重要です。

基本は自分のお肌に合った色味のものを選ぶようにしましょう。カラーが自分の肌に合っていないと、コンシーラーを塗った部分だけ浮いて見えてしまいます。せっかく気になるところをコンシーラーでカバーしたのに、逆に目立ってしまったら嫌ですよね。きれいに仕上げるためにも、色選びは慎重に行いましょう。

「自分のお肌に合う色がわからない!」という方には、一度コスメカウンターなどでタッチアップしてもらうことをおすすめします。美容部員の方がお肌に合う色をチョイスしてくれるので、自分のお肌にぴったりのコスメが見つかりやすいです。

コスメカウンターに行く時間がない方には、パレットタイプのコンシーラーを使うのがおすすめです。パレットタイプのものは2~3色がセットになっているので、自分のお肌に合うように色味を調節することができて便利なんですよ。一つあると重宝するアイテムなので、ぜひ使ってみてください!

 

まとめ

ニキビができてしまう原因や、カバーにおすすめのコンシーラーの特徴などについて解説してきました。

今回の内容を簡潔にまとめると、次のようになります。

 

  • ニキビの原因は生活の乱れや皮脂の過剰分泌などが考えられる
  • お肌の調子が悪いときはできるだけ刺激にならないコスメを使うのがおすすめ
  • ニキビカバーに使用するコンシーラーはしっかりとしたテクスチャのもの(練りタイプやスティックタイプ)がおすすめ
  • コンシーラーは色選びや成分チェックが重要。自分に合ったものをしっかり選ぶ
  • 塗布するときにはコンシーラーブラシを使用すると清潔で◎

 

お肌の気になる部分はメイクで隠すだけでなく、根本から改善することも大事です。

丁寧かつシンプルなスキンケアを行って、ニキビや肌荒れとは無縁のお肌を目指していきましょう!

 

ちなみにMAX COSMETICでは、美容情報の提供と並行して、安心して使うことができるコスメやスキンケアアイテムの開発を検討しています。

新しい情報が出ましたらお知らせしますので、ぜひ楽しみにしていてください!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。