これで解決!頭がかゆいのは夏だから?原因と対処法を解説

敏感肌のためのヘアケア
Pocket

「夏になると必ず頭がかゆい。どうにかしたい…」
「毎日シャンプーで念入りに洗っているのに、なんでかゆくなるの?」

このように、夏の頭のかゆみで悩んでいる人は少なくありません。
ただでさえジメジメして不快な季節なのに、頭のかゆみまで出てくると本当にイライラしてしまいますよね。

そこで、今回は夏に頭がかゆくなる原因と対処法について、わかりやく解説していきたいと思います。

「頭がかゆい!なんとかしたい!」と思っている方の、その頑固なお悩みを解決します!。

夏に頭がかゆくなる原因

まずは、夏になると頭がかゆくなる原因を3つご紹介します。
特に3つ目は重要!あなたは当てはまっていないか、しっかりとチェックしながら読み進めてください。

【原因1】汗や皮脂の過剰分泌で雑菌が繁殖

夏には、誰でもたくさんの汗をかきますよね。また、顔と同じように頭皮にも皮脂がたくさん分泌されます。
とくに、頭皮は髪に覆われているため、熱がこもりやすく、汗によって蒸れた皮膚に雑菌が繁殖してしまうことも珍しくありません。

湿度と温度が高い頭皮は、雑菌が活発に増殖する環境として最適なんです…。
さらに、皮脂をエサにして増える菌もたくさんあります。そのため、気付いたときには雑菌がどんどん増殖している状態に。

汗・皮脂・雑菌・蒸れのオンパレードによって、頭皮にかゆみを感じてしまうのです。

【原因2】強い日差しや紫外線による頭皮のダメージ

夏場の通学や通勤、外回りのお仕事などでは、強い日差しを受ける機会が多いでしょう。
また、最近の紫外線はかなり強力!

「顔や腕には日焼け止めを塗っているけど、頭皮にはさすがに塗ってないよ!」という人がほとんどかもしれませんね。
確かに、頭皮に日焼け止めを塗るとベタつきが気になってしまうので無理もありません。

当然ですが、日焼け止めを塗っていなければ、頭皮も紫外線のダメージを受けてしまいます。バリア機能が低下して角質層の水分が失われ、ひび割れが起きたり、炎症を起こしてしまうことも。
このせいで、頭皮にかゆみが発生することは決して珍しくないのです。

【原因3】髪や頭皮の洗いすぎで「バリア機能」が低下

毎日暑い日が続く夏は、汗をかくたびに「サッパリしたい!」と、1日に何度もシャワーを浴びる習慣がある人も少なくないでしょう。
当然、頭にもたくさんの汗をかいているので、シャワーの度に頭をゴシゴシ洗うと気持ちがいいですよね。

しかし、基本的に髪や頭皮を洗いすぎることはNG。

顔と同じで、私たちの皮膚表面には「常在菌」と呼ばれるたくさんの菌が存在します。
菌と聞くとなんだか「悪いモノ」といったイメージを持つ人も多いかもしれませんが、肌表面のバランスを整えるためにプラスの働きをしてくれている菌もいるのです。
これは、もちろん頭皮にもいえること。

しかし、「暑いから」「汗をかいて気持ち悪いから」と、1日に何度も頭を洗ってしまうと、これらの常在菌バランスが乱れてしまいます。
その結果、頭皮表面の状態が不安定になり、かゆみを感じやすくなることも。

また、適度に分泌された皮脂も、頭皮からの水分蒸発を抑制して「肌バリア」を健やかに保つ働きがあります。
ところが、夏場の暑い日には「頭がベタベタするから」と、いつもより念入りにシャンプーをしてしまう傾向がありますよね。せっかくシャンプーをするなら、思いっきりスッキリしたい気持ちは良くわかります。

ですが、頭の洗いすぎは「かゆみ」のモト!

本来であれば頭皮の表面を守るはずの「皮脂」がすっかり洗い流されてしまい、水分保持機能が低下してしまうのです。
水分を保っていられなくなった頭皮は、表面が荒れやすくなります。そこから、汗の成分や雑菌が入り込んでしまうと、炎症を起こして「かゆみ」が現れるというメカニズムです。

夏に頭がかゆいときの対処法

では、夏に頭がかゆいときには、どうすれば改善されるのでしょうか。
自分でできる簡単な対処法を2つご紹介していきたいと思います。

【対処法1】アミノ酸系シャンプーを使う

頭のかゆみで悩んでいる方には、頭皮に優しい成分が使われている「アミノ酸系シャンプー」をおすすめします。
街中にあるドラッグストアでも購入できますが、可能であれば美容院やサロンが販売している「質の良いアミノ酸系シャンプー」を使いましょう。

実は、シャンプーは大きく3種類に分けられます。

1つ目は、高級アルコール系と呼ばれるシャンプーです。あまり聞きなじみがない方も多いかもしれませんが、ドラッグストアなどで手軽に購入できるようなシャンプーの半数以上は、この「高級アルコール系」だと思ってください。

泡立ちが良く、洗浄力にも優れているため「サッパリしたい!」と感じる夏場には、特に好まれる傾向があります。
しかし、石油由来の界面活性剤が含まれているので、頭皮が本来必要とする皮脂やうるおいまで、根こそぎ洗い流してしまうのが大きなデメリット!
頭皮の「隠れ乾燥」を招いてしまうと、かゆみといった症状が出るようになるので注意が必要です。

2つ目は、石鹸系のシャンプー。こちらは、アルカリ性で「無添加」と表示されているものが多いです。ただし、原材料は石鹸系なので洗浄力がかなり強め。
そのため、「夏には何度もシャワーを浴びる」「朝と夜、最低でも2回はシャンプーをする」という方にはオススメできません。

高級アルコール系と同様に、皮脂を必要以上に洗い流してしまい、頭皮の肌バリアを不安定にさせてしまうリスクがあるためです。

そして、3つ目が今回オススメする「アミノ酸系シャンプー」です。
天然由来の成分にアミノ酸を反応させた「アミノ酸系界面活性剤」が配合されています。

洗浄力は、高級アルコール系や石鹸系より劣りますが、頭皮や毛髪に優しく、大切な頭皮のバリア機能を破壊することなく洗いあげることができるのが大きな特徴です。

夏場の紫外線や直射日光によるダメージでお疲れの「頭皮」をいたわりながら、清潔に保つことができるので、しつこい「かゆみ」で困っている方は、ぜひアミノ酸系シャンプーを選んでみてくださいね。

▶おすすめはプリュムシャンプー

【対処法2】シャンプー方法を見直す

これまで使用していたシャンプーを、アミノ酸系のシャンプーに変更しただけでは頭のかゆみが改善されないこともあります。

この場合には、あなたのシャンプー方法自体が間違っている可能性が大!

「頭がかゆいから、ついつい爪で洗ってしまう」
「清潔にすれば治ると思って、ゴシゴシ力を入れて念入りにシャンプーする」
「洗浄成分が頭皮に行き渡るように、直接頭にシャンプーをかけている」

これらのシャンプー方法は、全て大間違いです。いますぐ軌道修正する必要があります。

頭皮に痒みがある場合の「正しいシャンプー方法」では、予洗いを丁寧に行いましょう。
予洗いとは、シャンプーをつける前にシャワーのお湯で頭皮と髪を湿らせる作業のこと。特に、髪が多い方やロングヘアの女性の場合には髪の毛がお湯を遮ってしまい、頭皮を十分に濡らすことが困難なケースがあります。

シャワーのお湯をかけながら、指先で頭皮を撫でるようにしっかりと湿らせていきましょう。お湯の温度は、38度くらいが適温です。あまり熱すぎると、皮脂を取りすぎてしまうので注意してくださいね。

予洗いが完了したら、シャンプーを手のひらにとり、「手のひら」で泡立てます。
よくありがちなのが、手のひらにとったシャンプーをそのまま頭につけてしまうパターン。これは、NGです。
頭皮は、基本的に「泡」で優しく包み込むようなイメージで洗うようにしてください。

このとき、爪を立てたり指先に力を込めてゴシゴシ擦ってはいけません。柔らかい指の腹を使いながら、とにかく「優しく」シャンプーしていきましょう。

洗い流しも、予洗いと同じくらいの時間をかけるのがベスト。シャンプーの成分が頭皮に残留していると、炎症やかゆみの原因になってしまいます。
流し残しのないように注意してくださいね。

皮膚の病気が原因でかゆくなっている可能性も!?

この記事の前半で、夏に頭がかゆくなる原因についてご紹介しましたが、実はその他にも「皮膚の病気」が原因でかゆみが出てしまうことも。
ここでは、かゆみを伴う代表的な病気を5つお伝えしておきますね。

【かゆくなる病気1】脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)は、頭皮を中心とした皮脂が多く分泌される場所にできる湿疹です。皮膚が赤くなり、かゆみを伴います。
かゆいからといってボリボリかいていると、フケが目立つようになって悩む人が多い皮膚炎のひとつです。

【かゆくなる病気2】アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、慢性的に強いかゆみが出る皮膚の病気。乳幼児や小さな子供に多くみられますが、成人してからでも発症することがあります。
湿度が高くなる夏にはブツブツとした湿疹が出たり、冬には肌の乾燥で悪化しやすい病気です。

【かゆくなる病気3】接触性皮膚炎

接触性皮膚炎は、読んで字のごとく「接触」することで発症する皮膚炎。症状は、湿疹、赤み、かゆみ、痛みなどさまざまです。
アレルギー物質をはじめ、シャンプーなどのヘアケア用品、整髪料、ヘアカラーなどでも起こるケースが報告されているので、肌が弱い人は注意しましょう。

【かゆくなる病気4】皮脂欠乏症

皮脂欠乏症は、角質層の水分や皮脂が減少することによって起こる「皮膚の病気」です。
頭皮(お肌)のバリア機能が低下するため、あらゆる刺激に敏感になって「かゆみ」が出ることが多いといいます。

【かゆくなる病気5】アタマジラミによるシラミ症

恐らく、みなさんが密かに恐れているのが…この「シラミ症」かもしれませんね。
「このかゆみ。万が一、シラミだったらどうしよう」と。

シラミには3種類ありますが、このうち頭に寄生するのがアタマジラミです。頭皮についてしまうと、皮膚から吸血するため激しいかゆみを感じるのが特徴。
昔はよく小学校などで流行することもありましたが、最近はそこまで多くみられません。

セルフケアで治らないときには皮膚科医へ相談しよう

このように、頭がかゆくなる病気もさまざまな種類が存在します。
そのため、シャンプー方法を変えてみたり、アミノ酸系のシャンプーを使用するなどの「セルフケア」を行っても改善がみられない場合には、皮膚炎などを起こしている可能性も否定できません。

正しいケアを継続しているのにも関わらず「かゆみ」が悪化したり、まったく症状が良くならないと感じた際には、早めに皮膚科医へ相談するようにしましょう。

まとめ

今回は、夏に頭がかゆくなる人に向けて、その原因と対処法について解説してきました。
「頭がかゆい!」と感じたら、まずはいつものシャンプー方法を見直し、アミノ酸系シャンプーを使うことが重要。
特に、シャンプーの仕方は間違った方法で行っている人が結構多いものです。ぜひ、今日から実践して「頭のかゆみ」から解放されてくださいね。

原宿一人経営美容師MAX戸来

9,624 views

株式会社マクスタート/代表取締役社長 戸来正博 岩手の美容専門学校卒業後20歳原宿の美容院に務め→21歳退社後フリーランスのスタイリストデビュー→22歳美容...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

SUKOちゃんねる