肌断食をしても乾燥が治らないのはなぜ?嘘なの? 

スキンケア
Pocket

「肌断食をするとお肌がキレイになる」
「乾燥肌は肌断食で治る」
「肌がキレイな人は余計なスキンケアをしていない」
などの情報を目にして、実際に肌断食を実行してみた方も少なくないでしょう。

ところが、肌断食をしたのに乾燥が治らない…という人が続出しているんです。
それどころか、乾燥や肌荒れが悪化してしまうケースも珍しくありません。
せっかく大変な思いをして肌断食をしたのに、全く肌がキレイにならないなんて、ガッカリしてしまいますよね。

もちろん、肌断食によって乾燥肌が改善する人もいるのは事実です。
しかし、肌断食には向き不向きがあるため、注意が必要!

今回は、「肌断食をしても乾燥が治らないのはなぜなのか?」といったテーマで、乾燥が治らない理由について解説していきたいと思います。

肌断食は「肌本来の状態」にリセットするスキンケア法

そもそも肌断食は、化粧品や洗顔料、ファンデーションに含まれている「化学物質」などが原因で起きた“外部刺激による肌荒れ”を改善するためのスキンケア方法です。
最近では、ブースター、化粧水、乳液、美容液、クリーム、フェイスマスクなどの、あらゆる化粧品を「これでもか!」というくらいに塗り重ねている人が増えています。

お肌には、もともと水分量と油分量をバランスよく保つ機能が備わっています。
しかし、さまざまな保湿成分をお肌に乗せすぎると、肌本来のバランスが崩れてしまうことも珍しくありません。

要は、化粧品を使いすぎてお肌が悲鳴を上げている状態!
そんなときには、肌断食が効果的だといわれています。

化粧品や洗顔料を一切やめたり、最低限のスキンケアアイテムに減らすことで、肌がもともと持っているチカラを目覚めさせることができるのです。

また、化粧品かぶれや油分の与えすぎによる肌トラブルを解消する効果も期待できます。
ニキビや脂性肌、毛穴の黒ずみ、赤み、色ムラ、脂漏性皮膚炎などは、肌断食で治ることも多いといいます。

なぜ?肌断食をしても乾燥が治らない!

しかし、肌断食は誰でも効果が実感できるわけではありません。
特に、慢性的な乾燥肌で悩んでいる人は、「肌断食をしたら余計に乾燥が酷くなってしまった…」なんてことも。
肌断食をしたのにも関わらず、カサカサの皮剥けやひび割れが悪化するケースも多いのです。

それも、そのはず。
わかりやすい例で説明するならば、乾燥してひび割れを起こしているヒジやかかとを、そのまま放置しているようなものなんです。
乾燥がひどくなれば当然、クリームなどで保湿をしますよね?

「何も塗らない方が、皮膚には良い」
「肌が本来持っている自然治癒力に任せよう」
などと考え、ガサガサに乾燥したヒジやかかとをそのままにして、ツルツルの状態に戻った人はいないでしょう。
何もせずに乾燥が治ってくれるのであれば、そもそも保湿剤や皮膚科は必要ありません。

乾燥が起きているときには、皮膚表面の油分と水分バランスが乱れているものです。
お肌のターンオーバーを正常化して、健康的な肌細胞を育てる必要があります。

乾燥ダメージで傷んだお肌の表面は、角質層のキメが荒くなっており、肌内部の水分がどんどん放出されてしまうんです。そのため、外部からしっかりと保湿してあげなければなりません。

肌断食で乾燥が治らない3つの理由

乾燥肌を治したくて肌断食を始めたのに、まったく良くならない…。
そんなときには、以下の3つの理由が原因かもしれません。ぜひ、一度チェックしてみてくださいね。

【理由1】バリア機能がすでに崩壊している

乾燥が起きているお肌の表面は、バリア機能が崩壊している可能性大。
正常なお肌の場合、皮膚の一番外側にある角質層が、肌内部の水分やうるおいを逃さないように守ってくれています。
しかし、乾燥が慢性的になると、皮膚の中にある天然保湿因子や細胞間脂質(セラミド)が減少して、水分がどんどん蒸発してしまうんです。

また、外部刺激にも弱くなるため、紫外線や細菌などによってダメージを受けやすくなります。バリア機能が崩壊しているお肌は、肌断食ですら「刺激」になり、乾燥や炎症を悪化させることにつながるので注意が必要です。

【理由2】乾燥の原因が化粧品や洗顔料ではない

そもそも、乾燥している原因が化粧品や洗顔料などの成分ではない場合、肌断食の効果は実感できません。
前述した通り、肌断食の目的は「余計な外部刺激をカットする」といった点にあります。
過剰な保湿や「化粧品成分」がお肌に合っていないときには、肌断食で乾燥やトラブルが解消されることも少なくないでしょう。

しかし、乾燥している原因が栄養不足やストレス、慢性的な睡眠不足など、別のところにある場合には「肌断食」をどんなに継続しても、乾燥肌が改善されることはないのです。

【理由3】間違った肌断食をしている

肌断食で乾燥肌が改善しない理由の3つ目は、間違った肌断食を行っていることがあげられます。
本来であれば、肌断食中は原則的にファンデーションなどのメイクは控えるべきです。
ノーメイクが基本!
しかし、赤みや色ムラをカバーするために、どうしてもメイクをやめられない人も多いもの。

ファンデーションなどのパウダーを使用してしまうと、お肌の水分や油分が吸収され、乾燥を助長します。
そのせいで、せっかくの肌断食が台無しになることも少なくありません。

乾燥が悪化するのは肌断食の好転反応って本当?

肌断食について調べていると、「好転反応」という言葉を目にすることが多いでしょう。
よくあるのは、「肌断食をして乾燥が酷くなるのは、好転反応だから続けるべき」「肌表面がカサカサするのは一時的なもの!乗り越えればキレイなお肌が待っている」といった情報です。

しかし、多くの方はこの「好転反応」といった悪魔のキーワードを信じたせいで、乾燥肌から炎症や赤みなどのトラブルを引き起こしているんです。

はっきり言います。
カサカサや粉ふきが酷くなったら、それは好転反応ではありません。
単なる乾燥肌の悪化です!

「この時期を乗り越えたら、乾燥のないキレイな肌になれるはず!」と、肌断食を続けていると日に日に肌状態は酷くなっていくでしょう。
最悪の場合には、バリア機能が低下した肌表面から雑菌が入り込んで、自力では治せないほどの肌荒れにつながることも。

もし、肌断食を開始して「乾燥が悪化しているな…」と感じた場合には、すぐに中止するようにしましょう。
再び化粧水や乳液を使用した際に、ピリピリしたり赤みを帯びるような症状が出てしまったら、早めに皮膚科で相談してくださいね。

まとめ

今回の記事では、肌断食をしても乾燥が治らないのはなぜなのか?といったポイントについて、さまざまな角度から解説をしてきました。
もちろん、肌断食自体が全ての人のお肌に悪影響を与えるわけではありません。ニキビや脂性肌などが改善されたケースもたくさん報告されています。
しかし、肌断食をすることによって乾燥肌が悪化してしまう人が多いのも事実。

乾燥肌を治すためには、「どうして肌荒れをしているのか」「乾燥の原因は何なのか?」といった根本的な部分をしっかりと考える必要があるでしょう。
もしも、肌断食を開始して、少しでもカサカサや皮剥け、ひび割れが進行するようであれば、即刻中止すべきです。
そのまま続けていると、取り返しのつかないことになってしまうかもしれませんよ!

また、肌荒れや乾燥などのトラブルは、身体の内側からのケアも重要。
お肌表面のケアだけにとらわれず、栄養バランスのとれた食生活や、ストレス、睡眠不足にも注意してくださいね。

以上です。

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

原宿一人経営美容師MAX戸来

9,275 views

株式会社マクスタート/代表取締役社長 戸来正博 岩手の美容専門学校卒業後20歳原宿の美容院に務め→21歳退社後フリーランスのスタイリストデビュー→22歳美容...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

SUKOちゃんねる