化粧品のエタノールで肌荒れすることがあるって本当?

化粧品のエタノールで肌荒れすることがあるって本当?
成分解析
Pocket

こんにちは、MAXコスメティックのsayukiです。

敏感肌の方の場合、合わない化粧品やスキンケアアイテムを使ってしまうと、お肌が荒れてしまったりすることがあるかと思います。お肌がデリケートだと、アイテム選びに気を使いますよね。

今回取り上げるのは、化粧品に含まれている「エタノール」についてです。

エタノールとはコスメやスキンケアアイテムに含まれているアルコールのこと。エタノールは安全な成分ではあるのですが、人によってはお肌が荒れてしまったり赤くなったりしてしまうこともあるんです。

今回はエタノール入りのスキンケアアイテムを使わない方が良い場合や、敏感肌の方向けにスキンケアアイテムの選び方(配合されている成分のチェックの仕方など)をご紹介します。

刺激になりにくいスキンケアアイテムやコスメをお探しの方や、エタノール配合のアイテムにどのような特徴があるのかについて知りたい方は、ぜひ最後まで読んでくださいね!

 

化粧品に配合されている「エタノール」ってそもそも何?

繰り返しになりますが、化粧品に配合されているエタノールは、アルコールのことです。

そのためエタノールが配合されていないスキンケアアイテムには「アルコールフリー」と書かれていたりします。

 

ちなみにエタノールは、化粧水などに配合されていることが多い成分です。

エタノールを配合すると、化粧水をお肌に塗布したときにスーッとした清涼感を得ることができたり、殺菌効果や収れん効果を得ることができます。そのため、収れん化粧水などにもエタノールが配合されていることが多いですね。

 

もちろん化粧水以外のスキンケアアイテムにも、配合されていることはあります。

ぜひ一度、お手元にあるアイテム(化粧水でも乳液でも日焼け止めでもなんでもOK)の成分表示をチェックしてみてください。成分表示はパッケージに記載されています。

持っているアイテムの中に、一つくらいはエタノールが配合されているものがあるのではないでしょうか。

そのくらい、エタノールはメジャーな成分なんです。

 

エタノール配合のコスメやスキンケアアイテムは避けた方が良い?

エタノールは基本的に安全な成分なので、敏感になりすぎる必要はありませんよ。

ただ、アルコールがお肌に合わない方(アルコール消毒でお肌が赤くなったりかゆくなったりした経験がある方)や、敏感肌の方は、できれば避けた方が良いでしょう。「アルコールフリー」と書かれているものを選ぶようにしてみてください。

 

普通肌の方であれば、基本的にはエタノール配合の化粧品を使用しても問題ありません。

ただあまりにも多く配合されているものは、敏感肌でなくても刺激になってしまうことがありますので、避けた方が良いでしょう。

エタノールがたくさん配合されているアイテムを見分ける方法としては、成分表示を見て「エタノールが何番目に書かれているか」をチェックするのが簡単&手っ取り早いです。

化粧品の成分表示には「配合量が多いものから順に記載しなければならない」というルールがあります。そのため最初の方に記載されている成分ほど、たくさん配合されているということになります。

エタノールがかなり最初の方に来ているなら、配合量が多い可能性がありますね。

ちなみに成分表示はスキンケアアイテムやコスメ選びをする際にかなり重要なので、チェックする習慣をつけておくと良いですよ。

 

また敏感肌の方でなければエタノール配合のアイテムを使っても基本的には問題ないのですが、乾燥肌の方がエタノール配合の保湿アイテム(化粧水や乳液、クリームなど)を使うのは、できれば避けた方が良いです。

何故かというとアルコールは揮発性という、液体が気体になりやすい性質を持っているからです。

揮発性を持っているエタノールがたくさん配合されている化粧水をお肌に塗った場合、気化するときにまわりの水分も一緒に蒸発させてしまいます。そうすると、お肌を保湿するために化粧水や乳液を塗ったのに、意味がなくなってしまいますよね。場合によっては、かえって乾燥が気になってしまうこともあるかもしれません。

お肌の乾燥でお悩みの方は、一度アルコールフリーの保湿アイテムを使ってみると良いですよ。

 

自分に合ったコスメやスキンケアアイテムを選ぶコツ

解説したように、エタノールは基本的に安全な成分ではありますが、敏感肌の方や乾燥肌の方にはあまり良くありません。でも普通肌の方や脂性肌の方であれば、問題なく使えるでしょう。

このように、どんなお肌にも合っている「完璧な成分」というのは存在しません。

もちろんスキンケアアイテムやコスメにも、「誰のお肌にも合う完璧なアイテム」というものは残念ながら無いんです。

肌質などによって、ぴったりのアイテムは変わってきます。相性の良い成分や良くない成分というのも、人によって違うでしょう。

 

なのでスキンケアアイテムやコスメは、自分に合ったものを選ぶことが重要なんです。

とは言っても「自分のお肌に合うコスメなんて分からない」や「どんな風に判断したら良いか迷ってしまう」という方もいるかと思います。

そこでここからは、コスメアイテム&スキンケアアイテム選びのコツを解説していきたいと思います。

慣れてしまえば難しくありませんので、ぜひ活用してみてください!

 

自分に合ったアイテムを選ぶコツ①成分表示をチェックする

コスメやスキンケアアイテムを選ぶときには、成分表示をチェックしましょう。

成分表示は商品の箱やボトルなど、わかりやすいところに記載されています。

 

敏感肌の方であれば、エタノールやパラベン、香料などが使用されていないアイテムを選ぶと良いです。自分のお肌が苦手とする成分が配合されているかどうか、成分表示でチェックしてから購入するように気を付けると良いですよ。

他にも「乾燥肌だから保湿力が高いものが良い」という場合には保湿成分(セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸など)がしっかり配合されているかをチェックしたり、「肌荒れしたりニキビができたりしやすい」という場合には抗炎症成分(グリチルリチン酸など)が配合されているかどうかをチェックしたりするのにも活用できます。

 

成分表示にはあまり馴染みのない成分名が書かれていたりして、最初は少し難しく感じるかもしれません。

ですが次第に慣れてくるものですので、最初はあまりピンとこなくても、成分表示を読むクセをつけてみてください。

またスキンケアアイテムなどに配合されているメジャーな成分だけでも勉強しておくのも良いですよ!

 

自分に合ったアイテムを選ぶコツ②テスターで使用感を確認する

頻繁に使用するアイテムは、使用感もかなり重要ですよね。

失敗を防ぐためにも、購入前にテスターでテクスチャや香りなどをチェックしておくと良いですよ。

コスメの場合には発色もかなり重要になるので、自分のお肌に乗せたときにどのように発色するかも確認しておきたいですね。

 

まとめ

今回は化粧品に配合されているエタノールについて、取り上げました。

内容を簡潔にまとめると、次のようになります。

 

  • スキンケアアイテムなどに配合されているエタノールとはアルコールのこと。配合されていないアイテムには「アルコールフリー」などと書かれていることが多い
  • 基本的に安全な成分ではあるがやや刺激があるため敏感肌の方やアルコールに弱い方にはあまりおすすめできない
  • 揮発性がある成分なので乾燥肌の方はできれば避けた方が◎
  • 完璧な成分やスキンケアアイテムは存在しないので自分に合ったものを選ぶことが大事
  • スキンケアアイテムやコスメアイテムを選ぶときには成分表示をチェック
  • さらに可能であればテスターで使用感やテクスチャを確認してから購入すると失敗が少ない

 

少しでも参考になれば幸いです!

またスキンケアアイテムなどに配合されている他の成分についても知りたいという方は、以下の記事もぜひ読んでみてくださいね。

参照:いまさら聞けないトレハロースの効果について「肌への毒性は?」

参照:化粧品に入っているシリコンの種類は?お肌に影響はある?

 

ちなみにMAX COSMETICでは、美容情報の提供と並行して、安心して使うことができるコスメやスキンケアアイテムの開発を検討しています。

新しい情報が出ましたらお知らせしますので、ぜひ楽しみにしていてくださいね!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。