おでこが肌荒れしてしまうのは何故?原因と対策を解説!

おでこが肌荒れしてしまうのは何故?原因と対策を解説!
スキンケア
Pocket

こんにちは、MAX戸来です。

みなさんの中には「おでこの肌荒れが気になる!」という方もいるのではないでしょうか。

Tゾーンは皮脂の分泌量が特に多いところなので、ニキビやべたつき、ザラザラ感などが気になりやすいんです。

今回はおでこにニキビなどができてしまう原因や、効果が期待できるおすすめの改善方法などをわかりやすく解説します。

「おでこの肌荒れが気になる」や「Tゾーンにニキビができやすくて悩んでいる」という方は、ぜひ最後まで読んでくださいね!

 

おでこにニキビができたりテカリが気になったりするのは何故?

まずは「どうしておでこにニキビができたり肌荒れしたりしてしまうのか?」から解説していきますね。

 

基本的にTゾーンと呼ばれるおでこ・鼻・あごのパーツは、顔の中でも特に皮脂の分泌量が多く、ニキビができたりテカったりしやすいんです。どうして皮脂の分泌量が多いのかというと、皮脂を分泌する器官である「皮脂線」が多いからです。

普段メイクをしている方なら、Tゾーンだけ皮脂でベースメイクが崩れてしまったりテカってしまったりした経験があるのではないでしょうか。

またおでこは前髪が触れる部分ですよね。髪の毛が触れることが皮膚への刺激になり、それが原因で荒れてしまうということも考えられます。ちなみに同様の理由で、フェイスラインも肌荒れしやすい部分であると言えます。

 

また生活習慣の乱れやホルモンバランス、ストレスや間違ったスキンケアなども、お肌が荒れてしまう原因です。

 

生活習慣の乱れというのは、睡眠不足や運動不足、食生活の乱れなどが挙げられます。お肌の状態というのは、体調を反映するものです。実際に「胃の調子が悪いときにニキビができた」「風邪を引いたら肌荒れした」という経験がある方も多いのでは?

生活習慣の乱れが原因の肌荒れの場合は、スキンケアで何とかするというよりは、生活のバランスを見直すことが重要になります。睡眠をたっぷりとるようにしたり、バランスの良い食事をしたりするように心がけてみましょう。またお肌のべたつきやニキビが気になるときには、揚げ物や市販のスナック菓子など酸化した油が使われている食べ物は避けた方が良いです(ナッツ類や魚介類のオイルは摂取してOK)。

 

ホルモンバランスの関係で肌荒れするというのは「思春期である10代の頃は皮脂の分泌量が多くニキビもできやすい」や「生理前になるとニキビができやすくなる」などの例を出すとわかりやすいかと思います。

ホルモンの影響でニキビができたり肌荒れしてしまっている場合は、思春期ニキビなら20代・30代になれば改善してきますし、生理前ニキビなら生理が始まれば次第に良くなってくるものなので、そこまで気にする必要はありません。ただ、相当ひどくお肌が荒れてしまうのであれば、一度皮膚科や婦人科などで相談してみると良いでしょう。

 

スキンケアはお肌にとって大切なものです。ですが間違った方法で行ってしまったり、やりすぎてしまったりすると、逆にダメージにつながってしまいます。

例えば「テカリやニキビが気になる」からといって、一日に何度も洗顔をしたり、頻繁にあぶらとり紙で皮脂をオフしてしまうのは、お肌にとって良くありません。また保湿不足のために皮脂の分泌が過剰になってしまうこともあります(水分量は少ないのに皮脂量の多い肌質のことはインナードライ肌と呼びます)。

スキンケアは重要なものですが、正しい方法で行うようにしましょう!

 

おでこの肌荒れを改善する方法

それではいよいよ、おでこの肌荒れを改善する方法をトラブル別に解説していきます!

 

①ニキビ

ぽつぽつとできてしまうニキビは、やっぱりかなり気になってしまいますよね。

ちなみにニキビのタイプは主に「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」に分けることができます。

 

「思春期ニキビ」というのは、10代の思春期にできるニキビのこと。先に解説したように、思春期ニキビにはホルモンバランスが関係しています。思春期ニキビは思春期が終われば次第に治ってくるものなので、そこまで気にする必要はありません。

ですがやはり気になってしまうもの。そこでおすすめしたいのが「やや洗浄力の高い洗顔料を使うこと」です。洗顔料と一口に言っても、洗浄力は商品によって異なります。洗浄力が高いものが良い場合には「石鹸成分」や「ラウリル硫酸Na」が配合されている洗顔料が良いですよ。買う前に成分表示を確認してみてください。

あとは、抗炎症成分が配合されている化粧水を使うのもおすすめです。スキンケアアイテムに配合されている抗炎症成分には「グリチルリチン酸ジカリウム」や「グリチルレチン酸ステアリル」などがあります。ニキビがひどいときには、これらの成分が配合されているアイテムを活用してみてくださいね。

 

次に「大人ニキビ」ですが、大人ニキビというのは20代以降にできるニキビのことを言います。大人ニキビの原因は主に生活習慣の乱れやストレスです。残念ながら大人ニキビの場合は、スキンケアを変えてもあまり効果はないと言われています……。スキンケアはいつもどおり最低限行って、生活のバランスを見直すことをおすすめします。

 

②べたつきやテカリ

次に、おでこのべたつきやテカリの改善方法を解説します。

先に解説したようにTゾーンは皮脂の分泌量が多いため、べたつきやテカリが気になりやすくなります。

改善方法としては、以下のようなものがあります。

 

  • べたつくからといって皮脂をオフしすぎない
  • さっぱり系の化粧水を活用してしっかり保湿する
  • 皮脂崩れを防止してくれる化粧下地やフェイスパウダーを使う

 

繰り返しになりますが、皮脂が気になるからといって皮脂をオフしすぎるのはNGです。また皮脂の分泌量が多かったとしても水分補給は大事なので、洗顔後には化粧水を使ってしっかり保湿するようにしましょう。さっぱり使えるテクスチャのものがおすすめですよ!またアミノ酸やスクワラン、セラミドなどの保湿成分がしっかり配合されているかどうかも、化粧水を購入するときにチェックしてくださいね。

 

あとは日中にテカリなどが気になるようであれば、皮脂崩れを防止してくれるタイプの化粧下地やフェイスパウダーを活用すると良いですよ。皮脂吸着パウダーが配合されたコスメアイテムは色々なブランド・メーカーから販売されており、中にはお財布に優しくて気軽に購入できるプチプラアイテムもあります。

色があまりつかないフェイスパウダーなどは、普段メイクしていない女性の方や男性の方にもおすすめです。スキンケアの最後や日焼け止めを塗った後に軽くパウダーをはたいておくと、サラサラの状態をキープすることができます。ぜひ試してみてください!

 

③ブツブツやざらつき

お肌に触れたときにブツブツやざらつきがあって気になる……という方もいますよね。

ブツブツやざらつきは、毛穴に皮脂や古い角質が詰まることによってできてしまっている可能性が高いです。

そのため、週に1回程度ピーリングやゴマージュ系のアイテムを使って、角質ケアをしてあげると良いでしょう。ピーリング系アイテムが苦手という方の場合は、ホホバオイルやクレンジングオイルなどを使ってもOKです。

ただし毛穴や角質のケアはやりすぎてしまうとダメージにつながったりしますので、頻繁にやりすぎないようにだけ注意してくださいね!

 

まとめ

今回の内容をまとめると、次のようになります。

 

  • Tゾーンは皮脂の分泌量が多いのでニキビができたりテカったりしやすい
  • ニキビや肌荒れの原因はストレスや生活習慣の乱れ、ホルモンバランス、間違ったスキンケアなど
  • おでこのニキビ改善方法は、思春期ニキビの場合洗浄力高めの洗顔料の使用や抗炎症成分配合の化粧水などの使用が効果的。ただし大人ニキビの場合はスキンケアを変えてもあまり効果は期待できないので生活リズムの見直しを行うと◎
  • テカリやべたつき対策のおすすめは「皮脂をオフしすぎない」「さっぱり系の化粧水で保湿する」「皮脂吸着パウダー配合の化粧下地やフェイスパウダーを活用する」
  • ざらつきやブツブツが気になるなら角質・毛穴ケアを

 

おでこのニキビや肌荒れが気になる方は、今回の内容をぜひ参考にしてみてください。

ちなみにMAX COSMETICでも、色々な肌質の方が安心して使うことができるスキンケアアイテムを開発しています。ぜひ情報をチェックしてくださいね!

 

関連記事:「顔のテカリがひどい!」男女におすすめの改善方法&対処方法

原宿一人経営美容師MAX戸来

13,190 views

株式会社マクスタート/代表取締役社長 戸来正博 岩手の美容専門学校卒業後20歳原宿の美容院に務め→21歳退社後フリーランスのスタイリストデビュー→22歳美容...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

SUKOちゃんねる