ヘアカラーで注意すべき頭皮のかさぶた問題について原因と対策解説!!

敏感肌のためのヘアケア
Pocket

髪色を変えてイメチェンしたり、髪が伸びた部分のリタッチカラーをした際に…
「あれ?頭の皮膚にかさぶたができてる!」
「ブラッシングしたら、かさぶたみたいなフケがいっぱいついてしまう!」
なんてことありますよね。

もしかしたら、「私ってカラーするたびに、何故か必ず“かさぶた”ができちゃうんだよね…」という方もいるかもしれません。

でも、これってなぜなのか?

今回は、ヘアカラーで注意すべき「頭皮のかさぶた問題」について、その原因と対策を徹底解説していきたいと思います。

ヘアカラーで頭皮に「かさぶた」ができるのって普通?

ヘアカラーをした際に頭皮へかさぶたが生じてしまうのは、ハッキリ言って普通ではありません。ヘアカラー剤の成分によって起こった「頭皮のトラブル」です。

ちょっとした緊急事態といえるでしょう。

ヘアカラー後の「かさぶた」は、頭皮以外にも耳やうなじ、首元などにも発生することがあります。しかし、これらの原因はすべて同じ。
髪染めに使用した「カラー剤」に含まれる成分(主に過酸化水素、アルカリ剤)が皮膚に接触した際に、アレルギー反応により炎症を起こしたことによるものです。

ヘアカラーで頭皮にかさぶたができる原因

それでは早速、ヘアカラーで頭皮に「かさぶた」ができる原因について解説していきたいと思います。ぜひ、カラーをする習慣がある人はチェックしておいてくださいね。

【原因1】カラー剤成分による「接触性皮膚炎」

接触性皮膚炎は、いわゆる「かぶれ」のこと。
カラー剤の使用量が多かった場合や、頭皮に必要以上に塗布しすぎた場合、または肌に合わない成分が含まれているカラー剤を使ってしまったときには、接触性皮膚炎が起こりやすくなります。
頭皮に炎症が生じ、その部分が乾燥していくことによって「かさぶた」が形成されるのです。

また、市販のカラー剤や質の悪いカラー剤で繰り返し「髪染め」を行っていると、強力な成分や粗悪な薬剤によって、徐々に頭皮へダメージが蓄積されていきます。
この結果、突然アレルギー症状が出てしまうことも少なくありません。
「前は大丈夫だったのに、なんで急にかさぶたができちゃったんだろう…」と悩んでいる方のなかには、こういった薬剤アレルギーの発症が原因となっていることもあるのです。

【原因2】シャンプー時の摩擦、コームやハケによる頭皮への過剰な刺激

まずカラーをする前24時間はシャンプーを控えてくださいね。頭皮から分泌される皮脂こそがあなたの頭皮を守るバリアになるのでそのバリアを流してしまうと、頭皮にダイレクトにダメージが加わってしまうからです。

そのほかにも普段のシャンプーでも注意をしてほしいのは爪を立てて洗わない、ゴシゴシと洗わないこと!!必ず守ってください。

髪の毛を染めるときには、基本的に専用のコームやハケを使用して施術を行います。
この使い方は、当然ながら美容師によって個人差、クセなどがあるものです。

本来であれば、頭皮への刺激は最低限に抑えるべきなのですが、「根元までしっかり色をのせよう」「仕上がりにムラができてクレームがきたら困るし…」などの理由で、必要以上に地肌へカラー剤をベタベタと塗ってしまう美容師さんがいます。

このとき、いくら柔らかいハケだったとしても、アルカリ性の薬剤がついたハケであれば頭皮に多少なりとも刺激を与え続けてしまうことに。
頭皮は、本来「弱酸性」を保っていますからね…。カラー剤のアルカリ性は、それだけでもお肌に負担をかけてしまうものです。

これが原因で、目に見えない小さな傷や炎症が発生して、後日「かさぶた」となって出てきてしまうことも多いといいます。

また、市販のカラー剤を用いて、自宅で髪染めをする際にも同様の注意が必要。

素人のお客様が「できるだけムラなく染めたい」「根元もしっかり発色させたい」などの理由で、染める際に何度もコームやブラシで頭皮を擦ってしまうと、皮膚炎や痛み、かさぶたができやすいので気を付けてくださいね。

【原因3】頭皮の状態が悪いのにカラーをしてしまった

本来であれば、カラーの施術を行う前に必ず担当美容師によるカウンセリングが入ります。
「カラーでしみたことはありますか?」「頭皮にトラブルが出た経験はありませんか?」といった内容が一般的です。

また、カウンセリングの際には美容師がプロの目線で、あなたの頭皮状態をしっかりと確認してくれます。「うん、これくらい健康な頭皮なら大丈夫だな!」と美容師が判断すれば、お客様が希望するカラーを実施します。

※僕の場合はカウンセリング、カラーの施術、シャンプー等すべて僕一人で行っているので「かぶれてしまうリスクがある」と判断した場合施術を控えます。

ところが、美容院や美容師によっては…
きちんとお客様の頭皮状態を確認せずに、オーダー通りのカラーを行ってしまうことも。(いや、本来あるまじき行為なのですが…)

また、お客様側の体調面が大きく関わっていることも少なくありません。
自分からは言いにくいモノとしては、「生理中だから肌が敏感になっているかも…」など。
男性の美容師さん相手だと、デリケートな問題については話しにくいですよね。
せっかく予約して、楽しみにして来たのだから…と、カラー中に多少しみたり痛みを感じたとしても、ぐっと我慢してしまう方も多いようです。

また、睡眠不足、徹夜明け、極度のストレス状態、疲労の蓄積などによっても、カラー剤の成分が強く反応してしまい、炎症からかさぶた形成されてしまうことも多いので注意しましょう。

ヘアカラーで頭皮にかさぶたができてしまった際の対策

それでは、実際にヘアカラーによって頭皮に「かさぶた」ができてしまったときには、どのような対策をすれば良いのでしょうか。
わかりやすく、ひとつずつ解説してきますね!

【対策1】かさぶたは絶対にはがさないのが鉄則!

すごく気になってしまうかもしれませんが、すでに生じてしまった「かさぶた」は絶対に無理に剥がしてはいけません。
これは、通常の怪我でできる「かさぶた」と同じ状態。皮膚の深層部から、新しい肌細胞(頭皮細胞)が作られるまでの間、炎症部分を覆って保護する役目があります。

かさぶたが気になって、ついつい爪やブラシでカリカリと引っ掻きたくなってしまう気持ちは非常によくわかります!でも、それを続けていると治りがめちゃくちゃ遅くなってしまうので注意が必要です。

また、細かいフケ状のかさぶたがパラパラと落ちてくることがあるかもしれません。
そんなときには、頭皮に刺激を与えないように注意しながら、髪の毛についた「かさぶたのカス」だけを優しく取り除くようにしてくださいね。そんなときに使えるのはブラシですね。豚毛などの動物性の毛を使ったブラシは使いやすいからおすすめです。

【対策2】頭皮に優しい「低刺激性シャンプー」に変える

万が一、カラー剤によって頭皮に「かさぶた」ができてしまった際には、できるだけお肌に優しい成分のシャンプーへ変更するようにしましょう。

特に、アミノ酸系などの「低刺激性シャンプー」がおすすめです。液体のシャンプーは、泡立てる際に頭皮のかさぶたを刺激してしまうこともあるため、「泡立てネットで泡立ててから髪だけを揉み洗いする」ことがおすすめ!

頭皮にはシャンプー剤を付けないこと!!

もちろん、シャンプーをするときには頭皮に爪を立てたり、ゴシゴシと擦るような洗い方はNG。
泡で髪と地肌を包み込むようにしながら、優しく洗浄するようにしましょう。状態がかなり悪い場合は、シャワーのお湯だけで汚れを洗い流す「湯シャン」に切り替えても良いでしょう。

【対策3】悪化しているようなら皮膚科医の診察を受けるのが近道

かさぶたにも触れず、頭皮に優しい低刺激性シャンプーに変えても、「まったく改善の余地が見られない」「むしろ、日に日に悪化している気がする…」という場合には、早めに皮膚科医の診察を受けるようにしてください。

もちろん、施術を行ってくれた美容院に電話で相談するのも悪くはないのですが、美容院は「病院」ではありません。やはり、皮膚のトラブルに関しては専門のお医者さんに診てもらい、適切な処置、薬の処方をしてもらうのがオススメです。

頭皮のかさぶた問題!予防方法はあるの?

とはいえ、「おしゃれをしたい」「キレイになりたい」「気分を変えたい」などの理由で、ヘアカラーをする方がほとんどでしょう。
それなのに、カラーをするたびに「また、あの恐怖のかさぶた問題に悩まされるのでは…」と怯えたくないですよね。

でも、大丈夫。ちゃんと予防するための対策もあります。
まず、ヘアカラーを美容院で行う際には、担当の美容師に必ず「ヘアカラー剤で炎症をおこしたことがある」「かさぶたができて、凄く悩んだことがある」など、正直に話をするようにしましょう。

「前にカラーで皮膚炎が出たことを話したら、カラーしてもらえなくなっちゃうかも…」と本当のことを隠してしまう人も珍しくありません。

しかし、最近のサロン専用カラー剤には、さまざまな種類のカラー剤が用意されています。そのなかから、あなたの体質や頭皮の状態に合わせた「カラー剤」をプロの目線で選んでくれるはずです。

僕のお店で使用しているカラー剤は、今まで頭皮のヒリつきやかゆみ、不快な臭いに悩まされてきた方に好評をいただいております。いわゆるオーガニックと謳っているカラー剤。とはいえオーガニックだから良いということではなく塗り方や薬剤選定が重要だと思っているため、なにを使うのか?より誰が使うのか?が重要だと思っています。

 

頭皮が弱いことを伝えれば、カラーをする際には頭皮に必要以上の刺激が加わらないように、細心の注意を払ってくれるでしょう。
たったこれだけのステップで、炎症、かゆみ、痛み、アレルギー、かさぶたなどのトラブルを極力予防しながら、安全に髪染めをしてもらうことができます。

特に、初めて行く美容院の場合には、予約前に過去にトラブルが出てしまった薬剤(メーカー)の名前を「なんとなく」でも伝えられるとベスト!
例えば、「イルミナカラーがダメだった」とか「エヌドットで炎症が起きちゃった」なんて感じでも、美容師さんはちゃんと察してくれます。

 

低アルカリやオーガニック成分でつくられたカラー剤など、あなたの頭皮に優しい薬剤を、しっかりとプロの目線で選んでもらいましょう。

まとめ

今回は、ヘアカラーで注意すべき「頭皮のかさぶた問題」について、その原因と対策を解説してきました。
最近のヘアカラーは、安全性が高い成分でつくられているものが多くなっていますが、それでも、お客様の体調、頭皮の状態、体質、アレルギーなどによっては「合うカラー剤」と「合わないカラー剤」が存在するのも事実。

まずは、担当の美容師さんとしっかりコミュニケーションをとって、心配事や不安な点を正直に相談するようにしてくださいね。

ぜひ、頭皮のかさぶたや炎症トラブルに悩まされず「髪のおしゃれ」を思いっきり楽しみましょう!

原宿一人経営美容師MAX戸来

9,275 views

株式会社マクスタート/代表取締役社長 戸来正博 岩手の美容専門学校卒業後20歳原宿の美容院に務め→21歳退社後フリーランスのスタイリストデビュー→22歳美容...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

SUKOちゃんねる