界面活性剤がお肌に悪いって本当?なぜ化粧品に入ってるの?

成分解析
Pocket

最近では、敏感肌の女性が急増していることもあり、化粧品の成分について大きく取り上げられることが増えています。
なかでも、界面活性剤は着色料、香料、アルコール、パラベンなどと並んで「悪者」とされている傾向がありますが、それは事実なのでしょうか。

本当に界面活性剤はお肌に悪いのか?
そもそも、どうして界面活性剤を化粧品や洗顔料に入れる必要があるのか?

今回は、そんな界面活性剤の役割や、化粧品に使われている理由をはじめ、「お肌に悪いといわれているのは、なぜなのか?」といった部分に注目しながら解説していきたいと思います。

あなたが毎日使っている化粧品にも、当たり前のように界面活性剤が使われているかも?
ぜひ、最後までお付き合いくださいね。

界面活性剤とは?どんな役割をしているの?

界面活性剤は、混じり合わない2つ以上の成分(物質)をつなげるための、いわば「架け橋」のようなもの。
界面活性剤の「界面」とは、境界や表面といった意味を持ちます。

わかりやすい例でお話すると、水と油は本来混じり合わないものですが「界面活性剤」を少量プラスするだけで分離が起こらなくなり、しっかりと混じり合うようになるんです!

これを「乳化」と呼び、化粧品や洗顔料、クレンジングだけでなく、食品にも活用されています。

みなさんが良く知っている食品だと、マヨネーズが代表的。
水分量が多いお酢と、油、そして卵黄でつくられています。実は、この卵黄に含まれている「レシチン」と呼ばれる成分が界面活性剤の役割を果たしており、お馴染みのマヨネーズが完成するのです。

このように、私たちの暮らしでは当たり前のように「界面活性剤」が使われているのが現状です。決して珍しいものではありません。
石油由来のものから自然由来のものまで、あらゆる界面活性剤が存在します。
化粧品や食品に使われる界面活性剤は、安全性の研究・調査がしっかりと行われたものだけを用いているため、危険性についてそこまで疑問視する必要はないでしょう。

また、界面の力を低下させる働きを利用して、洗顔料やクレンジング剤、食器用洗剤、洗濯洗剤などにも使われているのが現状です。

化粧品に界面活性剤が入っている理由

私たちが毎日使っている化粧品にも、あらゆる界面活性剤が使用されています。
これは、乳液やクリーム、ファンデーションなどに配合している油分と水分をなめらかに混ぜ合わせることが主な目的です。

また、洗顔料やクレンジング、シャンプーの場合には、皮脂やメイク汚れをスッキリ落とすために配合されていることがほとんど。
お肌や髪を洗浄したり、適度な油分で保湿するためには「界面活性剤」は欠かすことができません。

成分表示では「乳化剤」や「洗浄成分」と書かれているものも多く、パッと見では界面活性剤だとは判断できないかもしれませんね。

化粧品によく使われる界面活性剤には、ラウレス、パレス、オレス、コレス、ステアレスなどがあります。ちなみに、「ラウレス-1」などのように数字が付いて表示されているものも少なくありませんが、これもれっきとした界面活性剤です。
その他、「PPG」や「PEG」といったアルファベットがつくことも少なくありません。

パッケージの裏面や箱に記載されている成分表を改めて眺めてみると、さまざまなタイプの界面活性剤が使われていることを確認できるはずですよ。

界面活性剤の種類って?

界面活性剤には、その用途や目的によってあらゆる種類が存在します。
例えば、乳液やクリームなどの化粧品類には、皮膚への刺激が少ないとされている「非イオン界面活性剤」が乳化目的で使われており、長時間お肌に付着しても比較的安心だといわれています。

また、洗顔料やクレンジング、シャンプーなどの界面活性剤は、洗浄力が高い「陰イオン界面活性剤」が使用され、ヘアトリートメントには静電気などを予防する“帯電防止剤”として、「陽イオン界面活性剤」が使われていることが多いです。

そのため、食器用洗剤やクレンジング剤の界面活性剤で手荒れをしたからといって、化粧品に含まれる界面活性剤で肌荒れを起こすとは言い切れません。

界面活性剤がお肌に悪いといわれるのはなぜ?

私たちの暮らしには欠かすことができない界面活性剤ですが、どうして悪者扱いされているのでしょうか。ここでは、その理由についてまとめてみました。

【理由1】脱脂力・洗浄力が強いタイプがある

界面活性剤には、物質の界面(表面)の力を低下させる作用があります。そのため、頑固な油汚れや皮脂汚れ、メイク汚れなどをすっきり洗い流すことが可能です。
その反面、強力な脱脂力や洗浄力のせいで、お肌が荒れてしまうことも少なくありません。

お肌が弱い人、敏感肌さん、アトピー肌さんなどは、作用の強すぎる界面活性剤には注意が必要です。

【理由2】長時間の使用による肌バリアの低下

一時期、オイルクレンジングで毛穴の角栓がポロポロ落ちる!と話題になりましたよね。
確かに、顔にオイルを乗せて指でくるくるしていると、角栓や毛穴詰まりが面白いほどに取れるので、ついつい長時間擦ってしまいがち。

でも、これこそが肌荒れの原因になっていたのです。そもそも、クレンジングオイルに含まれている界面活性剤は「短時間で汚れをすっきり落とす」ということが目的で配合されており、長時間お肌に乗せることは想定されていません。

いくら角栓が取れるからといって、マッサージオイルがわりに使うのはNG!
角栓どころか、お肌の角質層や必要な皮脂まで根こそぎ取り除くことになり、肌バリアを崩壊させかねません。

【理由3】かぶれ・アレルギーを起こす人もいる

実際のところ、界面活性剤が原因で化粧かぶれやアレルギーを起こしてしまう人もいます。
しかし、どんなに安全性の高い成分であっても、「全ての人に安心」というものは存在しません。
食品だって、小麦粉がダメな人もいるし、エビやカニを食べるとアレルギーが出てしまう人もいるほどです。

界面活性剤以外にも、香料、防腐剤、着色料、アルコール、鉱物油などの成分に反応する人は多いもの。
「界面活性剤が入っていないから安心して使える」と考えるのは、少々短絡的すぎます。

界面活性剤は肌に悪いもの?

ここまで記事を読んでいただいた方は、もうおわかりかと思いますが「界面活性剤が悪いもの」だとは一概に言えないのが事実です。

界面活性剤は、私たちの生活のなかのあらゆる場面で活躍してくれている成分のひとつ。
化粧品やシャンプー、洗剤、石鹸などの日用品はもちろんのこと、マヨネーズのような食品にも欠かすことができません。

さらに言えば、安全・安心な化粧品や食品を製造するうえでは、界面活性剤は非常に重要な役割を果たしてくれています。

もちろん、洗浄目的で多くの界面活性剤を使用している洗剤などの場合、素手で触ると体質や肌質によっては手荒れをしてしまうかもしれません。
しかし、ほとんどの化粧品では最低限の配合率になっているため、アレルギーやかぶれが起きないのであれば、使用しても問題ないといえるでしょう。

まとめ

今回は、界面活性剤がお肌に悪いというのは本当なのか?どうして化粧品に配合されているのか?といった点について、詳しくお話をしてきました。
一般的には「美肌を作るなら、界面活性剤を避けるべき」といった情報が当然のように叫ばれています。しかし、実は界面活性剤にはさまざまな種類があり、私たちの身体にも存在しているほどメジャーな物質なのです。

界面活性剤が悪いのではなく、その使い方や選び方がとっても重要。上手に使えば、美しくなるための味方につけることだって可能です。

最近では、ネットやSNSで誰でも手軽に情報入手ができる時代になりました。
しかし、間違ったイメージや極端な情報に振り回されることなく、正しい知識を持って「見極める力」をつけることが、何よりも大切ではないでしょうか。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

SUKOちゃんねる