脂性肌の特徴とは?スキンケア・ファンデーションの選び方も解説

スキンケア
Pocket

みなさん、こんにちは。

今回は皮脂が多い肌質である「脂性肌」の特徴や考えられる原因、おすすめのスキンケア&コスメについて解説していきます。

脂性肌の場合べたつきが気になるあまり、頻繁に洗顔してしまったり乳液を使わずにスキンケアを完了させてしまったりしがちですが、実はそれらはNGなんです。

その理由を詳しく説明しますので、ぜひ最後までお読みくださいね。

 

脂性肌の特徴とは?読み方は何?

 

まずは脂性肌の特徴を解説していきますね。ちなみに「脂性肌」の読み方は「しせいはだ」です。

脂性肌はオイリー肌とも呼ばれており、皮脂の多い肌質のことを言います。

ちなみに「Tゾーンは皮脂でべたつくのに、頬や目元は乾燥する」という部位によって肌質が異なるタイプは、混合肌と呼ばれます。また皮脂の分泌量は多いのに水分量は少ない状態のお肌は、インナードライ肌に該当します。

 

脂性肌の原因としては、様々なものが考えられます。

まず考えられるのは、年齢です。基本的に思春期の頃は皮脂の分泌量が多くなり、ニキビができやすくなります。これにはホルモンの分泌が関係しており、20代~30代ごろからは落ち着いてくる方が多いです。なので10代のうちの脂性肌は、そこまで気にしなくても大丈夫ですよ。ただニキビがひどい場合やなかなか治らない場合には、皮膚科で相談してみることをおすすめします。

他の原因としては、生活習慣の乱れやストレス、間違ったスキンケアなどが考えられます。

不規則な生活で睡眠不足が続いていたり、バランスの悪い食事を摂る日が多くなっていたり、ストレスをためてしまったり。そういうことが原因でホルモンバランスが乱れると、お肌の状態が悪くなってしまいます。実際にストレスや生活習慣の乱れが原因で、ニキビができたり肌荒れしたりした経験をお持ちの方は少なくないのではないでしょうか。もし脂性肌の方で「そういえば不規則な生活をおくっていたな」と思った方は、ぜひライフスタイルや生活リズムを見直してみてください。

また、良かれと思って行っていたスキンケアがお肌の皮脂分泌量を過剰にする原因となってしまっている場合も、実はあります。考えられるものとしては「洗顔の回数が多すぎる」「ピーリングやゴマージュ、剥がすパックなどでの角質ケアをしすぎている」「洗顔やクレンジングをするときにお肌を強くこすりすぎている」などがあります。強すぎる洗顔や角質ケアのしすぎなどでお肌に必要な皮脂まで取り除いてしまうと、却って皮脂の分泌が過剰になり、オイリーな状態が加速してしまいます。皮脂や角質が気になると、ついついしっかりオフしてしまいたくなるものですが、過剰なケアは逆効果ですのでやらないようにしましょう。

 

脂性肌におすすめの洗顔方法と洗顔料

次に、脂性肌の方におすすめの洗顔方法と洗顔料の選び方のポイントを解説していきます!

洗顔方法ですが、先にも書いたように洗顔回数を増やしすぎないように気を付けてください。お肌のべたつきが気になるとどうしても洗顔したくなったりするかもしれませんが、多くても洗顔回数は朝と夜の2回にとどめましょう。

そして洗顔をするときには、洗顔料をしっかり泡立てて、泡をお肌の上で転がすような感じで優しく洗います。ゴシゴシこすってしまうのは、肌荒れの原因になるのでNGですよ。

優しく洗ったら、ぬるま湯でしっかり洗い流します。流し残しがあると肌荒れやニキビの原因になるので、きちんと洗い流すようにしてくださいね。特におでこの生え際やフェイスラインなどは泡が残りやすいので、気を付けましょう。

 

また脂性肌の方におすすめの洗顔料は、「オイルが配合されていないもの」「弱アルカリ性のもの」です。

皮脂量が多い肌質の方の場合オイル成分が配合されている洗顔料を使ってしまうと、べたつきが気になりやすいです。なので配合されていないものを選びましょう。

また弱アルカリ性のものは洗浄力が高めなので、オイリー肌の方向けです。ただし肌質は人それぞれ違うものなので、刺激が強いと感じた場合には、優しい洗い心地の弱酸性のものなども試してみましょう。

ニキビができやすいのであれば、角質除去効果が期待できるサリチル酸や、抗炎症成分のグリチルリチン酸ジカリウム、殺菌成分のイソプロピルメチルフェノールなどが配合されているものを選ぶのも良いですね。

 

脂性肌におすすめの化粧水&乳液とは

次に脂性肌の方におすすめの化粧水と乳液について解説していきます。

化粧水は、さっぱりと使えるタイプのものが良いでしょう。テクスチャがさらっとしているものがぴったりです。脂性肌とはいえお肌に水分は必要ですので、保湿ケアはしっかり行うようにしてください。

オイリーな肌の方に向いている化粧水は、炎症を抑える効果が期待できるハトムギエキスやアロエエキスが配合されたものや、毛穴を引き締めてくれるビタミンC誘導体が使用されているものです。

 

また脂性肌の方の場合乳液は不要に思えるかもしれませんが、化粧水のみの使用だとかえってお肌が乾燥してしまうので、蓋の役目を担ってくれる乳液やクリームを使うようにしてください。

ジェルタイプやミルクタイプなど、べたつかないテクスチャのものならさっぱり使えますよ。

 

脂性肌向けファンデーションの選び方

どうしてもテカリや皮脂崩れが気になりやすい脂性肌の方の中には、ファンデーション選びに難儀している方もいるのではないでしょうか。

ファンデーションは、皮脂に強いタイプのものを選ぶのがおすすめです。またツヤ肌に仕上がるものよりも、マットな質感のお肌に仕上がるものの方が、基本的にはテカったり皮脂崩れしたりしにくくておすすめです。

ファンデーションのタイプはリキッド・クリーム・パウダー・クッション……と色々ありますが、オイリーなお肌の方にはパウダーファンデーションとリキッドファンデーションが向いています。中でも皮脂吸着パウダーやロングラスティング成分などが配合されているものだと、さらさら感が持続しやすいですよ。

反対に脂性肌の方に向かないのは、オイルが配合されているファンデーションや保湿力が高めのクリームファンデーションです。オイリーな肌質の方がこれらのファンデーションを使ってしまうと、ベタベタ感やテカリが気になるおそれがあります。

また最近色々なメーカー・ブランドから販売されている、皮脂崩れやテカリを予防するタイプの化粧下地を活用するのも良いでしょう。

ベースメイクの仕上げに、フェイスパウダーをはたいておくこともお忘れなく!

 

 

まとめ

今回は脂性肌の特徴と、おすすめのスキンケアアイテム&ファンデーションについて解説しました。

要点をまとめると、以下のようになります。

  • 脂性肌とは皮脂量の多い肌質のこと
  • べたつきが気になっても洗顔のしすぎはNG(1日2回を目安に)
  • スキンケアアイテムは抗炎症成分や毛穴引き締め効果のあるものがおすすめ
  • ファンデーションはパウダーかリキッドを

ちなみにスキンケアアイテムや化粧品を選ぶ際には、脂性肌の方はオイルが配合されていないものをできるだけ選ぶようにしてくださいね。繰り返しになりますが、脂性肌の方はオイルが使用されているアイテムを使ってしまうと、べたつきが気になることが多いからです。

お肌がオイリーでお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

原宿一人経営美容師MAX戸来

9,631 views

株式会社マクスタート/代表取締役社長 戸来正博 岩手の美容専門学校卒業後20歳原宿の美容院に務め→21歳退社後フリーランスのスタイリストデビュー→22歳美容...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

SUKOちゃんねる