朝と夜のスキンケアの正しい順番!時短テクで冬ももっちり美肌に!

MAXコスメ
スキンケア
Pocket

こんにちは(*’▽’*)美容家のRISAです♪

 

今回は朝と夜のスキンケアの順番を紹介します⭐︎

みなさんご存知でしたか?

朝と夜ではそれぞれ目的があって正しい方法があるんですよ♪

 

毎日行うことですから、時短テクを使って楽しくもっちり美肌を目指しましょうね(*^^*)

1.朝の正しいスキンケア

まずは朝のスキンケアから♪

そもそもなぜ朝、顔を洗った後にスキンケアする必要があるのでしょうか?

1.朝のスキンケアの目的

朝は、「肌を守る」ことが目的です。

寝ている間に肌は乾燥してしまい、バリア機能が弱まっています

日中は紫外線、ホコリなど肌にたくさんのダメージが加わります。

そのダメージから肌を守るために、朝のスキンケアは欠かせません!

 

もう一つの目的として『睡眠中に付いた汚れを落とす』ことが挙げられます( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )

睡眠中には知らず知らずの間に汗や皮脂が分泌されます。

それらを放っておいたら…あら大変!

汚れをつけたまま化粧をしてもうまく化粧がノリません(´×ω×`)

2.朝のスキンケアの順番

1.洗顔

まずは顔を洗って、睡眠中にかいた汗、分泌された皮脂を落としましょう。

 

顔を洗うときは水洗顔ですませずに、ちゃんと洗顔フォームや固形石鹸を使うことが重要です。

なぜなら、洗顔フォームを使わないと汚れが落としきれず、後で化粧水や美容液の効果が半減してしましまうからです。

 

洗顔フォームを使い、しっかりと汚れを落としましょう♪

2.化粧水

次に化粧水で肌に水分を与えましょう♪

水分を与えることがなぜ必要かというと、肌が水分不足の状態で美容液や乳液・クリームを塗ってしまうと、肌に摩擦が与えられてダメージになってしまいます( ›ω‹ )

化粧水は保湿前の大事な前準備です₍₍( ´ ᵕ ` *)⁾⁾

3.美容液

乳液・クリームで保湿する前に美容液で肌に栄養を与えます。

 

しかし、朝のスキンケアの目的は「肌を守る」「汚れを落とす」ことなので、絶対に美容液が必要ということじゃありません。

なので、美容液を塗る工程はお好みで行ってください!

4.乳液・クリーム

肌に油分で膜を張るために乳液・クリームを塗ります

この油分で外部からの刺激を守ります(❁ᴗ͈ˬᴗ͈)◞

油分は乳液よりクリームに沢山配合されています。

なので、乾燥肌の方はクリーム、そうでない脂性肌や混合肌の方は乳液を使うと良いでしょう♪

5.UVケア

日焼け止めは、肌が整った状態で行うのが良いでしょう

なぜなら、日焼け止めを塗る際も摩擦は発生してしまうので、油分で肌にバリアが張られている状態で塗るのがベストです。

3.朝のスキンケアの時短テク♪

朝のスキンケアの手順を紹介しましたが、朝は正直忙しくそれどころじゃない人が多いですよね…💦

そこで、朝のスキンケアも手軽に行えちゃう時短テクを紹介します!

1.コットンマスクやシートマスクを使ってながら化粧水!

化粧水を肌になじませる時間がない…そんなときはコットンパックやシートマスクを使って化粧水を浸透させましょう。

コットンパックやシートマスクを張り付けておくと、化粧水を浸透させながら着替えや朝支度を済ませることができます。

2.オールインワンで効率化!

時間がない方への救世主

化粧水、美容液、乳液の成分が一つになったオールインワンを使えば保湿はワンステップで行えます♪

2.夜の正しいスキンケア

次に夜のスキンケアについて書いていきます!

夜のスキンケアの目的、手順を覚えて美肌を目指しましょう♪

1.夜のスキンケアの目的

夜は「ダメージを回復する」ことが目的です(∩ˊ꒳​ˋ∩)・*

 

肌は刺激や乾燥などでダメージを与えられると急いで角質細胞を生産します。

急いで作られた角質細胞は保湿効果が低く、乾燥を防ぐ効果がありません

そして、乾燥を止められない肌はまた角質細胞を生産し、角質は更にどんどん分厚くなります。

 

こうして日中は肌の角質がどんどん溜まっていくので、それを落とす必要があります。

2.夜のスキンケアの順番

1. クレンジング

クレンジングでしっかり化粧を落とします

ここでのポイントは肌を擦らないこと!(❁ᴗ͈ˬᴗ͈)◞

目元のメイクが濃い場合にはポイントメイクリムーバーなどを部分使いして使い分けましょう♪

2.洗顔

洗顔でクレンジングの洗い残し、古い角質を落とします

ここでも摩擦に気をつけて、しっかりと泡立てて洗いましょう。

3.導入液(ブースター)

化粧水を浸透させるために使います

夜は美容液を使うので更に化粧水を浸透させる必要があります。

お風呂から上がった後は水分が蒸発しやすいので、すぐに導入液を行いましょう♪

4.化粧水

導入液で化粧水が浸透しやすくなっている肌に化粧水を塗って肌の水分量を増やし、美容液や乳液・クリームの摩擦を防ぎましょう!(◍•ᴗ•◍)ゝ

5.美容液

朝のスキンケアでは塗っても塗らなくても良いと書きましたが、夜では美容液の使用をお勧めします

なぜなら睡眠中は肌が修復され、ターンオーバーが行われているので容液の成分が肌に浸透しやすいのです!

6.乳液・クリーム

寝てる間は日中ほど刺激やダメージを受けないので、朝のスキンケアほど量は必要ありません。

化粧水・美容液の成分を油分で閉じ込める気分で使いましょう♪

3.スクラブや保湿パックetcのスペシャルケアの頻度は?

夜のスキンケアは朝より時間があるのでスクラブや保湿パックなど、スペシャルケアを行って更に美肌を目指したいですよね⭐︎

角質を落とすためのスクラブ、また保湿パックの使用頻度はどうすれば良いでしょうか?

 

基本的にどちらもメーカーの使用頻度を守ってください

パックなどは毎日行うパックもあれば、週に2-3回使って下さいと説明書に書いてあるパックもあるはずです。

 

一般的にスクラブは最低一週間はあけて使うように言われています。

4.肌質別・スキンケア選びの注意!

朝と夜のスキンケア2

乾燥肌、敏感肌、脂性肌、混合肌……肌質には沢山の種類があります。

スキンケアに含まれている成分を知り、自分の肌質に合った成分を選びましょう♪

1.クレンジング選び

クレンジングにはシートタイプオイルタイプジェルタイプクリームタイプミルクタイプがあります。

左から順にシートタイプが最も刺激が強く、ミルクタイプが最も刺激が弱いタイプになってます(◍•ᴗ•◍)ゝ

 

クレンジングには界面活性剤が多く含まれています。

この界面活性剤は、洗浄力が強く、またそれが原因で角層を壊してしまうこともあるのです。

角層が壊れてしまうと、肌のバリア機能が弱まり更に乾燥が加速してしまいます

クレンジングの後にツッパリ感を感じた事はありませんか?

これは肌の角質が奪われているからです。

 

しかしこの界面活性剤はどの商品にも必ずと言っていいほど含まれています。

RISAは現在、界面活性剤に頼らないクレンジング開発中です…⭐︎

2.洗顔料選び

洗顔料は一般的に弱アルカリ性です。

しかしアルカリ性の洗顔料は洗浄力が強く、泡立ちが良いですが角質を奪いすぎて、乾燥肌や敏感肌の人にとっては刺激が強すぎるのです。

そして脂性肌の人も、角質が奪われすぎて肌が油分を過剰生産している可能性があるので、一概にアルカリ性でも良いというわけではありません。

 

一方弱酸性の洗顔料は皮膚への刺激が少ないです。

肌は弱酸性なので、肌に近い成分の洗顔料を使う事で、肌への負担は軽減します

しかし、角質が落ちづらいというデメリットもあるので注意です。

 

弱酸性でしっかり洗浄できる洗顔料が欲しいですね

RISAこちらも開発しようと試みております

 

 

いかがでしたか?

朝と夜でそれぞれ違う目的を知れば、その重要さや順番の意味がわかってくるかと思います♪

楽しく、自分にあったスキンケアを取り入れたいですね!

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

くせ毛・剛毛など髪のお悩み別サイト
商品購入はこちら
無料お悩み相談はこちら