石鹸とボディソープの違いを解説!

石鹸とボディソープと洗顔料の違いって?
ボディケア
Pocket

 

こんにちは、MAXコスメティックのsayukiです。

「石鹸とボディソープと洗顔料って何が違うの?もしかして名前が違うだけで同じものなの?」と疑問に思ったことはありませんか。

どれもお肌を洗うものなので、どのような違いがあるのか気になりますよね。

そこで今回は、こちらの疑問にお答えしていこうと思います。

おすすめのボディソープや洗顔料などの選び方も一緒にご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

石鹸・ボディソープ・洗顔料の違いって?

石鹸とボディソープと洗顔料の違いについてですが、これらの違いは簡単に言うと「成分」です。

ボディソープと洗顔料の場合、ボディソープの方が洗浄力が高い傾向にあります。洗浄力が高い成分が配合されていることが多いということです。

そのため洗顔料で全身を洗うのは問題なくても、ボディソープで顔を洗ってしまうと皮脂を取りすぎてしまってお肌が乾燥したりつっぱったりしてしまう可能性があります。

また固形石鹸は、油脂あるいは高級脂肪酸を水酸化ナトリウムや水酸化カリウムなどの強アルカリ性の成分で反応させて作る「石ケン素地」や「カリ石ケン素地」などがメインで使用されているもの。ちなみに石ケン素地やカリ石ケン素地は「石鹸成分」などと呼ばれることもありますね。

石鹸は成分がシンプルなところが特徴で、余計なものが配合されていない商品が、ボディソープや洗顔料などと比べると多い傾向にあります。

 

ただし、どのアイテムも配合されている成分は商品によってかなり違います。

 

ボディソープでも洗浄力が穏やかな商品もありますし、洗顔料でもかなり洗浄力が高いものもあります。

またどのタイプであっても無添加であることを売りにしている商品もあったりしますよね。

なのでどのタイプの商品を選ぶときにも、しっかり成分表示をチェックする必要があるんです。

 

「顔や身体を洗うアイテム」の選び方

せっかくなので、石鹸やボディソープや洗顔料など「顔や身体を洗うアイテム」を選ぶときにチェックしたいポイントも解説したいと思います!

 

①どんな洗浄成分が使用されているかをチェックしよう

洗顔料などは、お肌の汚れや皮脂を取るために使うものですよね。

なので「どの程度洗浄力があるか」は一番にチェックしておきたいポイントになります。

洗浄成分といっても石鹸成分にアミノ酸系洗浄成分に……と、一つではなく色々なものがあります。

残念ながら「この洗浄成分が配合されているものが絶対に良い!」みたいなものはありませんので、自分の肌質に合った成分が配合されているものを選びましょう。

目安ですが、しっかりとした洗浄力が欲しい場合は「石鹸成分」や「ラウリル硫酸Na」などの洗浄成分が使用されているものが良いでしょう。

反対に洗浄力が穏やかなものを求めている場合には、「ココイルグルタミン酸Na」などアミノ酸系の洗浄成分が配合されているものがおすすめです。

 

ちなみに固形石鹸はアルカリ性で脱脂力が高いです。そのため肌質によっては必要な皮脂まで取り除いてしまって、つっぱり感が気になる場合があります。

お肌が強い方や脂性肌の女性、女性よりも皮脂量が多い傾向にある男性であれば洗顔に石鹸を使っても基本的には問題ありません。

ですが乾燥肌の方と敏感肌の方は、かさつきが気になる可能性がありますので、身体を洗うのにはともかく洗顔に使用するのは避けた方が良いでしょう。

 

②肌質に合った保湿成分や抗炎症成分が配合されているものも◎

洗顔料やボディソープを選ぶときには、洗浄成分意外の成分もしっかりチェックしましょう。

お肌に合った成分のアイテムを選ぶことが美肌のためには重要です。

 

お肌が乾燥しやすい場合は、保湿成分が配合されているアイテムを選ぶのがおすすめ。

洗顔料などに配合されている保湿成分には、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタなどがありますよ。これらも成分表示をチェックしてみてください。

 

またニキビができやすいのであれば「グリチルリチン酸ジカリウム」や「グリチルレチン酸ステアリル」などの抗炎症成分が配合されているものも良いですよ。

 

③タイプは使いやすさで選ぼう

お肌を洗うアイテムには、色々な「タイプ」がありますよね。

市販されているものは「固形タイプ」「液体&ペーストタイプ」「泡で出てくるタイプ」に分けられるかと思います。

これらのタイプは「使い勝手」に関わってくる部分です。毎日使うものなので、意外と重要なポイントになりますよ。

 

「固形タイプ」は、いわゆる固形石鹸ですね。

シンプルなタイプの固形石鹸は溶けにくいものが多いですが、中には溶けやすくてバスルームなどに置いておくとすぐに小さくなってしまうものもありますので、その点には注意してください。

また泡立ちにくいものも多かったりしますので、固形タイプを使用する場合は泡立てボールやネットなどを活用すると良いでしょう。

 

「液体&ペーストタイプ」はボディソープや洗顔料に多いタイプです。

このタイプは商品数が多いので、選択肢が多いというメリットがありますよ。色々なものの中からアイテムを選びたいという方に良いでしょう。

泡立ちに関しては、正直なところ商品によって色々です。手で泡立てるだけでもきめ細かい泡ができるものもあれば、あまり泡立ちが良くないものもあります。

 

「泡で出てくるタイプ」は、文字通りポンプを押すと泡の状態で出てきてくれるタイプの洗顔料やボディソープのこと。

今回は取り上げませんが、ハンドソープにもこのタイプの商品がありますね。

泡で出てくるタイプのアイテムの良いところは、なんといっても自分で泡立てなくてよいところです!

泡立てるのが苦手な方にはもちろん、できるだけ時短にしたい方にも向いているタイプになります。

 

③毎日使うものなので香りも大事

石鹸や洗顔料の場合強い香りがするものは少ないですが、シャンプーやボディソープには結構しっかり香りがつけられているものもありますよね。

香りがどの程度強いのかや、どの程度持続するのかは、しっかりチェックしておいた方が良いです。

特に香水を愛用している方は、ボディソープやシャンプーの香りには注意したいところ。しっかり香るアイテムを使ってしまうと、香水と香りが混じってしまうからです。

もし店頭にテスターがあれば、香りを確かめてから購入するのがおすすめ。テスターがない場合やネットで購入する場合には、口コミなどを参考にしてみてください。

 

顔や身体の洗い方も重要!

自分の肌質に合ったアイテムを選ぶことはとても大事ですが、洗い方もとても重要です。

どんなに良い石鹸やボディソープなどを使っても、間違った洗い方をしてしまっては、お肌に負担をかけてしまいます。

 

まずお肌をゴシゴシこすらないように気を付けましょう。

特に背中を洗うときなどに目の粗いタオルでゴシゴシしてしまう方もいるかもしれませんが、強い力で洗いすぎてしまうと、肌荒れなどの原因になります。

できるだけ優しく洗うように心がけてみてください。

 

そしてしっかりと泡を洗い流すこともお忘れなく!

洗い残しがあると肌トラブルなどの原因になりますので、流水でしっかりと泡を流すようにしてくださいね。

 

まとめ

今回の内容をまとめると、次のようになります。

 

  • 石鹸・ボディソープ・洗顔料の違いは「成分」
  • 使用するアイテムは配合されている洗浄成分で選ぶのがおすすめ
  • 乾燥肌の方には保湿成分が、ニキビ肌の方には抗炎症成分が配合されているものも◎
  • 商品選びをするときは「商品のタイプ」や「香り」などもチェックしよう
  • どんなアイテムを選ぶかと同じくらい「洗い方」も大事!

 

石鹸やボディソープは毎日使うものなので、しっかり自分に合ったものを選んで、正しく使ってくださいね!

 

ちなみにMAX COSMETICでは、色々な肌質の方が安心して使うことができるスキンケアアイテムを開発しています。

ぜひ楽しみにお待ちくださいね!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

くせ毛・剛毛など髪のお悩み別サイト
商品購入はこちら
無料お悩み相談はこちら