ダブル洗顔の効果は?メリットとデメリットについても紹介

ダブル洗顔の効果は?メリットとデメリットについても紹介
スキンケア
Pocket

こんにちは、MAX戸来です。

みなさんは「ダブル洗顔」という言葉を聞いたことがありますか。

ダブル洗顔というのは「クレンジングでメイクを落とした後に、洗顔料で顔を洗うこと」を意味します。普段メイクをしている方の多くは、このダブル洗顔を日常的にしているのではないでしょうか。

とはいえ中には「クレンジングと洗顔の両方を行うのはちょっと面倒」と思っている方や「クレンジングも洗顔もするのはお肌に負担がかかっているのでは?」と不安に感じている方もいますよね。

そこで今回は「ダブル洗顔は必要なのか?」について、詳しく解説していきたいと思います。

ぜひ日々のスキンケアの参考にしてくださいね!

 

そもそもダブル洗顔は必要なの?それとも不要なの?

「そもそもダブル洗顔は必要なのか?それとも不要なのか?」についてですが、結論から言うと「必要」です!

理由は、クレンジングと洗顔ではそもそも行う目的が異なっているから。

 

  • クレンジング:ファンデーションなどのメイクを落とすために行うもの
  • 洗顔:お肌の汚れや余分な皮脂などを落とすために行うもの

 

なのでメイクをした日にはクレンジングと洗顔の両方を行う必要があります。

ちなみにメイクをしなかった日であっても、日焼け止めを顔に塗った場合にはクレンジングでオフすることをおすすめします。石鹸で落ちるタイプの日焼け止めならクレンジングは必ずしも使う必要はないですが、石鹸や洗顔料では落ちにくいウォータープルーフタイプの日焼け止めはクレンジングでしっかりと落としておいた方が良いですよ!

 

ちなみに洗顔にはお肌の汚れや皮脂などを落とす効果だけでなく、お肌に残ったクレンジング剤をしっかり落とすという役割も担っています。

ここで「お肌に馴染ませたクレンジングは水だけでは落ちないの?」と疑問に思った方もいるかと思います。

もちろんクレンジングの大半は水で洗い流すことができますが、クレンジングのタイプによってはお肌に少し残ってしまうことがあるんです。そのままにしておくと当然お肌に良くないので、洗顔を行ってしっかり落としてあげる必要があります。

ちなみにどういうタイプのクレンジングがお肌に残りやすいのかというと、商品によっても異なりますが「オイルタイプ」と「クリームタイプ」のクレンジングが残りやすい傾向にあります。何故かというと、オイルタイプやクリームタイプのクレンジングは使用されている界面活性剤の量が少ないから。界面活性剤が少ないと水に流れにくくなるんです。実際にオイルタイプのクレンジングなどを使用したときに「しっかり流水で洗い流したのに、なんだかお肌にぬるつきが残っているような気がする……」という経験をしたことがある方は少なくないのではないでしょうか。

反対に配合されている界面活性剤の量が比較的多めの「リキッドタイプ」や「ミルクタイプ」や「ジェルタイプ」のクレンジングは、水で洗い流しやすくお肌に残りにくい傾向にあります。このタイプのクレンジングの場合は、メイクを落とした後に顔を洗わなかったとしても、お肌のぬるつきやべたつきなどがあまり気になりません。ですがこれらのタイプのクレンジングであっても、「ダブル洗顔不要」と書かれていない商品の場合にはクレンジング後の洗顔が必要になりますので、必ず行うようにしましょうね。

 

ダブル洗顔をする場合クレンジングと洗顔はどっちを先にするべき?

基本的にダブル洗顔が必要であるということが分かったところで、「クレンジングと洗顔どっちを先にするべき?」という疑問にお答えしていきたいと思います。

クレンジングと洗顔の順番は「クレンジング→洗顔」です。

詳しくは以下の記事で解説していますので、クレンジング&洗顔の順番がどうして「クレンジング→洗顔」なのか気になるという方は、ぜひ併せて読んでみてください。

 

参照:クレンジングと洗顔はどっちが先?正しい順番を解説!

 

ダブル洗顔のメリットとデメリットは?

物事にはなんでも、メリットとデメリットの両方があるものですよね。

「ダブル洗顔は必要」であると書きましたが、もちろんメリットだけでなくデメリットもあるものです。

ここからは、それらを解説していきます。ちなみにデメリットを解決するための方法も一緒にご紹介しますので、安心してくださいね!

 

①メリット

クレンジングと洗顔の両方を行うメリットは、やはり「お肌の汚れや残ったクレンジングをしっかり落とすことができる」ということでしょう。

洗い上がりのさっぱり感なども魅力ですよね。

 

②デメリット

一方でデメリットには「お肌が乾燥したりつっぱったりする可能性がある」「少なからずお肌の負担になる」というものがあります。

クレンジングと洗顔の両方を行うと、その分お肌を摩擦する回数が増えるためダメージにつながります。また乾燥肌の方の場合、お肌の皮脂を除去しすぎて乾燥やつっぱり感が気になることもあるでしょう。

ですがこれらのデメリットは、工夫次第で改善することが可能です。

まずクレンジングと洗顔の方法を見直しましょう。できるだけお肌をこすらないように、優しく行うように心がけるだけでも違ってきます。摩擦はお肌のダメージにつながりますので、メイクを落とすときや顔を洗うときはもちろん、お風呂上りにタオルで顔を拭いたり、化粧下地やファンデーションをお肌に伸ばしたりするときなどにも、できるだけこすらないように注意してみてください。

ダブル洗顔をすることにより気になってしまう乾燥やつっぱり感については、使う洗顔料を見直すことにより改善することができます。ダブル洗顔用の洗顔料は、洗浄力が高すぎないものがおすすめです。比較的お肌に優しい、アミノ酸系の洗顔料を使ってみましょう。洗浄力が弱めのものを使えば、ダブル洗顔による乾燥などもそこまで気にならなくなるはずです。もちろん肌質によっても合うスキンケアアイテムというのは異なりますので、色々な商品を使ってみるのも大事ですよ。

 

「ダブル洗顔不要クレンジング」は本当に洗顔しなくて良いの?

ちなみにクレンジングの中には「ダブル洗顔不要」と書かれているものもありますよね。

文字通りダブル洗顔の必要がなく、そのクレンジングのみでメイクもお肌の汚れも落とすことができるという商品です。時短につながるため人気がありますが「ダブル洗顔不要のクレンジングは、本当に洗顔をしなくて大丈夫なの?」と少し不安ですよね。

基本的には、ダブル洗顔不要と書かれているクレンジングを使用する場合、洗顔料を使う必要はありません。

ダブル洗顔不要クレンジングはクレンジング力の高い成分が使われていたり界面活性剤が多く配合されていたりするので、その後さらに洗顔をしてしまうとお肌の皮脂や角質を除去しすぎてしまって乾燥したり負担になったりしてしまいます。ダブル洗顔不要クレンジングを使うときには、そのクレンジングのみで終えるようにしてください。

 

まとめ

ダブル洗顔の必要性やメリット・デメリットなどについて解説してきました。

今回の内容を簡潔にまとめると、次のようになります。

 

  • 基本的にダブル洗顔は必要
  • 行う順番は「クレンジング→洗顔」
  • 「お肌に負担がかかる」というデメリットはアミノ酸系など洗浄力が弱い洗顔料を使うことで解消できる
  • ダブル洗顔不要クレンジングを使う場合ダブル洗顔の必要はない

 

スキンケアに関するみなさんの疑問が、少しでも解消できたなら幸いです!

メイクやお肌の汚れをしっかりオフすることはスキンケアの基本になりますので、ぜひ今回の内容を参考にして、正しい方法でクレンジングや洗顔などを行うようにしてみてくださいね。

 

ちなみにMAX COSMETICでは現在、お肌に負担をかけにくく使い勝手の良いクレンジングや洗顔料などのスキンケアアイテムの開発を検討中です。

ぜひ楽しみにお待ちくださいね!

原宿一人経営美容師MAX戸来

9,275 views

株式会社マクスタート/代表取締役社長 戸来正博 岩手の美容専門学校卒業後20歳原宿の美容院に務め→21歳退社後フリーランスのスタイリストデビュー→22歳美容...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

SUKOちゃんねる